着物にはたくさんの種類があり、年齢や着ていく場所によっても選択肢が変わってきます。結婚披露宴にお呼ばれされた時であったり、子供さんのお宮参りや七五三、入学式や卒業式の際のお母さんの着物、お茶会やパーティーなどさまざまなシーンで活躍するのが訪問着です。
色留袖と似ていることから間違えられやすいのですが、色留袖になると裾にしか柄が入っていないことになる一方で、訪問着となれば肩から裾にかけて幅広く柄が入っていることになります。
呉服店や百貨店などで購入することができますが、品質に見合った価格であるかどうかの判断はとても重要です。また、購入するという場合には高価な着物ともなってしまいますが、レンタルであればリーズナブルでその時に合った着物をいろいろ選ぶことができるというメリットがあります。

呉服店や百貨店で購入するのなら

着物の価格が左右されるのは、手間がかかる高度な技術が入っていたりブランドという面が大きくなります。作家ものであったり染めの技術がブランドともなっていれば驚くような高額な費用が必要となりますが、一般的なものであれば相場として20万円から30万円程度になります。
しかし、着物は一枚だけあってもスタイルが完成するものではなく、帯などの着付けに必要なものであったり草履や和装バッグなど普段使用しない和の小物も必要になってくるので、一式そろえるとなれば高額ともなってしまいます。
急に必要になった場合であれば仕方がありませんが、高額な買い物で損をしないためにも一回の来店だけで済まさずにたくさんの店舗を見て目を肥やすことから始め、その中から自分に合うものを選んでみるといいでしょう。

レンタルであれば手頃な価格から

訪問着は、振袖のように年齢や未婚かどうかに左右されて着ることができる期間が短いというものではないので、一枚持っておけば長く利用することができます。そのために、自分用として購入するという人も多くいるのですが、洋服と同じように毎回違った着物スタイルをリーズナブルに楽しみたいという場合には、着物レンタルが活躍をします。
必要な日数単位で借りることができ、豊富な種類もあるので選び放題です。小物類も一緒にまとめて貸し出しをしてもらうことができるので、着物初心者でもなにも揃えるものがなく便利に利用ができます。
ただし、レンタルは借り物ともなるので、借りる前と同じ状態で返却することが条件となっています。高額な着物にシミや汚れ、傷をつけてしまった場合には高額な弁償費用が必要になるのですが、着物保険に加入しておけば万が一の際にも安心です。

袋帯、名古屋帯、八寸帯、各種をフォーマル、洒落多数掲載中です。 四季の風景に溶け込む優雅で美しい和装小物、きもの、帯などの和装商品を主力としており、様々なシーンに合った商品を豊富に取り揃えております。 圧倒的な品揃え、実績13年の信頼、きものネット通販No1です。 日本最大級の「着物」インターネット通販サイトです。 定番の着物から新たなスタイルのご提案まで、貴方の素敵な着物ライフを応援します。 訪問着も価格で選べる京都きもの市場