訪問着は未婚者も既婚者も着用できる礼装として親しまれています。紋がついているとさらに格が上がり、黒留袖と同様になります。結婚式やパーティなど大切なイベント時に着用するとその華やかさからとてもひと目を引き、また他者から喜ばれます。
その特徴としては、着物を広げた時に全体で1枚の絵画のように見える絵羽模様で、若い人が着用する場合は、色柄も明るく華やかなもの、年上、年輩の方は同じ絵羽模様でも柄の込み合っていない、色も落ち着いたものが良いでしょう。
その模様から、付け下げと間違えられたり、区別がつきにくいと言われていますが、付け下げとはその名前からも分かる通り、柄の付け方で柄が下のほうに入っているものを付け下げと言います。全体に絵羽模様になっていないものは、付け下げと覚えておくと良いでしょう。

帯の合わせ方はシーン別で決めましょう

礼装のイメージが強い訪問着ですが、すっきりした柄付けで、紋のないものはお洒落着として楽しむことができます。価格も抑えたものがありますので、より気楽に手に入れられます。
お出かけする際に合わせる帯としては、お出かけなら名古屋帯や洒落袋帯で自分の好きなものを選んで締めましょう。袋帯は本来、ハレの日に締める帯と言われていますが、洒落袋帯とはお洒落に重きをおいた袋帯で色柄も面白いものがあります。上品な着物に粋な袋帯を締めるとぐっと上級者向けになります。
反対に正装として着用する場合は、格調高くなるよう、古典柄の帯を合わせると良いでしょう。金箔が入っているものや、刺繍が施されているものはより豪華さを引き立てます。錦織、唐織、つづれ織りなどの袋帯が特におすすめです。

その価格はピンからキリまであります

見た目の上品さと豪華さ、紋の有り無しで礼装からお洒落着まで幅広く着用できる訪問着ですが、お値段はピンキリです。呉服屋さんで反物を選んで仕立ててもらおうとするととても高価になりますし、その反物が有名作家の作品だったり友禅だったりすると尚更です。
最近は、そういった礼装時に着る着物も、インターネットショップで販売されるようになりました。素材も正絹だけではなくより気軽に着られるポリエステル素材のものもあり、お値段もぐっと手に入りやすい価格になります。ポリエステルと言えど、最近はその技術もかなり向上し、見た目だけでは正絹と見分けのつかないほど洗練されています。いきなり着物を仕立てるのは抵抗がある人も、まずはインターネットで探してみると良いでしょう。また、正絹にこだわるなら、骨董市やリサイクル着物ショップで探してみるのもお薦めです。