何か一枚着物を購入しようとすると、まず勧められるのは訪問着です。結婚式に招かれたときの礼装から、卒業式や入学式、お茶会や、観劇などにも着て行くことができ、用途が広いためです。着物を着る機会自体が改まった時が多いので、きちんとしたフォーマルな着物は必要と言えます。
ところが、実際に購入しようとすると、値段に悩むのが和服です。デパートや専門店、インターネットでも取り扱いがありますが、それぞれついている値段もまちまちで、相場の値段がよくわかりません。専門店などで相談すると、最初高額な値段のついていた着物が大幅に割引されたりして、ますます適正な値段がわからなくなるという人もいます。
購入する際の費用としては、相場のようなものがあるのでしょうか。また、価格には何が含まれるのでしょうか。気になる点をあらかじめ知っておきましょう。

購入するときの相場はどのくらいですか

着物を購入する際の相場はどのくらいでしょうか。訪問着は、だいたい20万円前後と言われています。販売されている着物は、絵羽の状態で借り仕立てのように展示されていますので、ここから仕立てが必要です。ついている値段はあくまでも反物の値段なので、ここから仕立て代と裏地代がかかります。
仕立て代は、ミシン仕立てと手縫いで変わってきます。ミシン仕立てなら3万円前後、手縫いで6万円から8万円、裏地代が1万円前後を基準にするとよいでしょう。
例えば、15万円の反物を購入したとすると、仕立てと裏地代として4万円、撥水加工などを頼むとさらに1万5千円ほどかかるので、合計で20万5千円ということになります。インターネットで購入したり、着物店などのセールを利用すると、もっと安く手に入れることもできるかもしれません。
着物の価格は、反物プラス仕立て代と考えて、予算いっぱいを使って反物を購入してしまわないように気を付けてください。

他にも予算に入れなければならないものはありますか

着物を購入したとして、他に必要な物はありますか。すでに他にも着物や帯を持っていて、それに合わせて購入した時は気にすることはないかもしれませんが、初めて訪問着を購入した場合は、帯や長襦袢を購入しなければならないでしょう。また、草履やバッグ、帯締めや帯揚げなどもふさわしいものが必要です。
仮に、袋帯が15万円、正絹の長襦袢8万円、草履とバッグに2万円、帯締めと帯揚げが1万円だったとすると、着物の値段に加えて26万円掛かります。あっという間に総額が50万円近くになってしまいます。
和服は高額な買い物と言われています。勧められるまま、よくわからずに買おうとするよりも、大体どのくらいの価格で購入が可能なのか、何にどのくらいの金額がかかるのか知っておくと不安にならずに済みます。また、いつ、どんな時に着るための着物なのか、予算総額がいくらなのかをしっかり考えておくと、失敗を避けることもできるでしょう。ぜひお気に入りの一枚を見つけてください。